メッセージのコツ

【相手が無視できない】Omiaiのメッセージだけで好きにさせる心理学テクニック5選。

この記事では、Omiaiを使い倒した筆者が実際に使って有効的だったメッセージのテクニックを紹介します。

どれも心理学に基づいたテクニックで効果絶大なので悪用厳禁ですよ!

中盤では、Omiaiのメッセージでタメ口にする正しいタイミングも紹介しています⬇︎

Omiaiのメッセージって?

まず、Omiaiには『メッセージ機能』というものがあります!メッセージ機能が、今後の関係を左右していると言っても過言ではありません。

Omiaiで実際に出会うまでの基本的な流れを説明すると、

  1. 『いいね!』を送る、または送られてくる
  2. 『いいね!』が返ってくる、または返す
  3. マッチング
  4. メッセージ交換
  5. デート、個人的な連絡先の交換

このように、メッセージで失敗するとデートや恋愛に発展出来ませんので、やり取りは最重要な項目。

どれもOmiaiでのメッセージは、男性2通目以降有料、女性は全て無料です!

Omiaiのメッセージで使える心理テクニック5選

以下5つが今回の記事で紹介するテクニックです。

この時点で気になる物がある人は、クリックして先に進んで下さい。

  • ペーシング
  • カクテルパーティ効果
  • ミラーリング
  • バーナム効果
  • ダブルマインド

ただ、Omiaiでのメッセージは、打ち解ける前と後とで2つの段階に分かれます。

そこでミラーリングまでを打ち解ける前までのテクニックとし、順番に紹介していくので全て読む事をオススメします!

Omiaiのメッセージで打ち解けるまでの心理テク

段階の分かれ目はLINEを交換するまで、最初のデートの打診をするまでなど人それぞれです。

とはいえ、まずはアイスブレイク(緊張をほぐし打ち解ける)が誰にとっても大事なので以下3つのテクニックが有効。

①ペーシング

ペーシングは端的に言うと、相手の返信スピードに合わせる事です。

歩くスピードや話すスピードにも同じテクニックが使えますが、人は速度が同じ相手を「意気が合う人」だと感じます。

例えば、相手が前回の自分の返信から3時間後にメッセージを返してくれた場合、自分もその3時間くらい後に返すと良いです。(ぴったりすぎるとバレるので注意)

反対に、自分だけ返信が早過ぎたり遅過ぎたりすると自分と生活リズムが合わない人と感じられてしまいます。

Omiaiでは働いている社会人ユーザーが多く、「リズムが合う」というのは相手に好かれる上で非常に重要な要素です。

②カクテルパーティ効果

この心理効果は、文章や会話の中に相手の名前を入れると印象に残りやすいというもの。

賑やかなカクテルパーティの中でも自分の名前や、自分の話をしている事はよく聞こえるし印象に残るという実例から名付けられました。

Omiaiでは、いいね消費数が人によって違うなど、全ユーザーが偏りなくマッチング出来るシステムがあります。

それによって、相手の方も数多くマッチングし、あなた以外ともやり取りをしている可能性が高い。

なので、少しでも強い印象を残す事は重要であり、そのためには名前を呼んであげる事が大切です。例えば下の感じ⬇︎

「はるかさんは私と同様に映画が好きなんですね!最近は何か映画見ましたか?」

このテクニックは簡単に出来ますし、メッセージ付きいいねで使えばマッチング率をあげる事も出来ますよ!

③ミラーリング

ミラーは想像の通り、鏡の事。相手と打ち解けるには鏡になって下さい。笑

これは①のペーシングに近く、人は自分と似ている物を好きになるという類似性の法則を生かした心理効果です。

本来は、相手と同じタイミングでコップを置く事で親近感を湧かせるなど、パーティやデートなどで使うテクニックですが、オンラインでも生かす事が出来ます。

メッセージでやるなら、「相手が顔文字を使うタイプなら顔文字を使う」「相手が「w」よりも「笑」派ならそれに合わせる。」という具合。

イメージが湧かない人は下の例をご覧下さい。

こんな感じで、相手と同じような表現や絵文字を使うと親近感を与えて早く仲良くなれます。よって結果的にデートも早く出来ます!

ただし、あまりに露骨にやりすぎると気持ち悪いので、あえて少しだけ違う絵文字を使う、たまにミラーリングをしないなどの駆け引きが出来れば完璧です。

Omiaiのメッセージでタメ口にするタイミングはいつ

後半のテクニックを紹介する前に1つアドバイスです。

ここまでのテクニックを使ってメッセージが1週間続いた場合、敬語からタメ語に移行すると良いでしょう!

「年齢も近いですし、お互い敬語やめませんか?」

「仲良くなりたいから、一旦敬語外してみません?」

等で理由をつけて打診してみると良いでしょう。

というのも、ここから紹介する2つのテクニックはタメ語で使うとより効果的になるからです!

Omiaiで打ち解けた後、相手を落とす心理テク

④バーナム効果

これは占い師やメンタリストがよく使う、「誰にでも当てはまる事を言われているのに、自分の事だ!」と思ってしまう効果の事です。

例えば、

まいちゃんて明るいから話してて楽しいけど、意外と一人の時間も好きでしょ?

こんな感じで、多くの人に当てはまる事を言って相手の性質を当てに行くイメージ。

仮に、「違うよ」と言われても、「え、意外!じゃあ結構寂しがりって事じゃん?」と次でフォローし話が盛り上がるのもこのテクニック魅力です。

これをする事で、相手は「この人は私の事をよく分かってくれているな」と嬉しい気持ちになり、心を開いてくれます。

⑤ダブルバインド

ここまでの4つだけでも十分会話が盛り上がり、仲良くなっているはずです。

後はデートに確実に誘う事が大事なので、「〜or~」の誘い方を使いましょう。

どういうテクニックか、これは例で見た方が分かりやすいです!⬇︎

今度ご飯行こうよ!

これだと、相手は「行くか行かないか」で迷うので、断られる確率は50%もありますよね。

しかし、ダブルバインドを使うと、

今度さ、色々話して見たいし休みの日にカフェでも行かない?

それかまいちゃん映画好きだし、新しい映画見るのでも良いけどどっちが良い?

相手は「カフェに行くか映画に行くか」で迷う事になります

つまり相手は「デートに行くかどうか」という前提を忘れてどちらかを選んでしまうんです。心理学って怖いですね。笑

こうする事でデートにいける確率がグッと上がるのです!